研究室沿革


西暦
年号
学科・専攻の変遷 研究室の変遷 研究室担当教授の変遷
2018
平成30年
    奈良林直教授退官
2017
平成29年
    山本泰功助教着任
2015
平成27年
    辻雅司准教授退官
2014
平成26年
    千葉豪准教授昇進
2012
平成24年
    千葉豪助教着任(原子力安全工学研究室助教より)
2011
平成23年
    辻雅司准教授昇進
2010
平成22年
    島津洋一郎教授退官
2006
平成18年
    秋本正助手退官、奈良林直教授昇任
2005
平成17年
工学部4学科16コース,工学研究科15専攻への改組に伴い機械知能工学科、エネルギー環境システム専攻発足 原子炉工学研究室に名称変更(エネルギー生産・環境システム講座所属) 松本高明助教授退官、奈良林直助教授着任
1998
平成10年
  熊田俊明教授転出(原子力安全工学分野教授として)、島津洋一郎教授着任
1996
平成8年
量子エネルギー工学専攻発足 原子炉システム設計・制御工学分野に名称変更(原子力システム工学講座所属)  
1995
平成7年
学部一貫教育の開始に伴い物理工学系へ編入   成田正邦教授転出(基礎原子核工学講座教授として)、熊田俊明教授着任 
1991
平成3年
    小川雄一教授退官
1990
平成2年 
    成田正邦教授着任(基礎原子核工学講座助教授より)
1982
昭和57年
原子力学会北海道支部設立    
1975
昭和50年
  辻雅司助手着任(北大工大学院原子工学専攻修了)
1974
昭和49年
  松本高明助教授昇進
1973
昭和48年
原子工学専攻博士課程設置   山崎初男助教授転出(基礎原子核工学講座教授として)、松本高明講師着任(京大炉助手より)
1971
昭和46年 
原子工学専攻修士課程設置    
1970
昭和45年 
    小川雄一教授昇進
1968
昭和43 
    山崎初男助教授昇任(基礎原子核工学講座助手より)
1967
昭和42年
原子工学科開設
1966
昭和41年
    秋本正助手着任(北大工学部電気工学科卒業)
1962
昭和37年
    小川雄一助教授着任
1960
昭和35年
  原子炉工学講座開設  

▲ページトップに戻る